神待ち少女は神待ち掲示板から出会いを探している【secondsaturdaysnewhope】

神待ち少女は神待ち掲示板から出会いを待っている【secondsaturdaysnewhope】

神待ち少女は神待ち掲示板に書き込みをして今晩泊まれるところやご飯を食べさせてくれる方を探しています。

神待ちの基本システムについて

神待ちは、家出をしている女の子が、男性に助けて欲しいと思い、サイトの掲示板に書き込みをします。
その書き込みを見た男性が、助けてあげたいと思ったのであれば、女の子に返事を送るのです。

返事をもらった女の子は、「今晩泊めてください。あとご飯も食べたいです」などと、自分の希望を伝えます。
男性側がそれに承諾し、今度は男性側が「今晩エッチしてくれる?」と、女の子に希望を伝えるのです。

お互いが了承すれば、あとは待ち合わせ場所と時間を決めて、実際に出会うだけです。
これが基本的な神待ちのシステムとなります。

さて、1つ注意すべき点としては、神待ちというのは、一種のビジネスの世界でもあります。
したがって、ギブアンドテイクが原則ですから、男性に助けてもらった女の子は、男性にお礼をしなければいけません。

さっきの例のように、女の子は男性にエッチをしてあげるのが一般的です。
エッチがNGの女の子もいるかもしれませんが、その場合は必ず事前に伝え、別の方法でお礼をしてあげる必要があります。

所持金ゼロでも家出ができる頼もしいサイト

家出をしている女の子の多くは、お金に困っています。
中には、家出をする時にかなりのお金を持っている女の子もいれば、アルバイトをしながら家出をする女の子もいるでしょう。

しかし、そのような女の子は少数で、大半の女の子は数千円程度のお金しか持っておらず、それもすぐに底を尽きてしまうのです。
お金がなくなれば、普通は家出を続けることはできません。

ところが、所持金がゼロでも家出ができる、頼もしいサイトがあるのです。
それは、神待ちサイトなのです。

神待ちサイトには、女の子を助けてあげたいと思う男性が大勢います。
ですから、そのような神待ちサイトを利用することで、男性に助けてもらうことができるのです。

寝場所を提供してくれるのはもちろん、ご飯も奢ってもらえますし、お小遣いをくれる男性もいます。
ですから、お金が全くない状態であっても、男性からの助けを受けることができれば、家出を続けることができるわけです。

神待ちサイトは、携帯やスマホがあれば簡単に利用できます。
ですから、家出をしている女の子にとっては、むしろお金よりも携帯の方が大事だと言えるかもしれません。

神待ちは援助交際とは異なります

神待ちは、援助交際の一種だと思われている人も多いです。
確かに、共通する部分もあるのですが、基本的に神待ちと援助交際は異なると言えます。

援助交際は、女の子はお金が目的で男性とエッチをします。
男性も、女の子と純粋にエッチを楽しむために、お金を支払います。

一方で神待ちの場合は、女の子はお金が欲しいわけでは決してなく、あくまでも男性に助けて欲しいのです。
男性も、女の子を助けてあげたいと思い、女の子を家に泊めてあげて、ご飯を食べさせてあげるのです。

もちろん、女の子がそのお礼としてエッチをしてあげることはあります。
女の子とエッチができるということから、女の子を助けてあげるという男性も多いです。

したがって、その点に関しては援助交際と共通しているかもしれません。
ただ、金銭のやり取りは発生しませんし、目的自体も違うことから、援助交際と神待ちは別物だと言えるのです。

まあ、人によって考え方は違うので、援助交際と神待ちは似たようなものだという意見も、決して否定はしませんが。

お金がなくても家出ができるのが魅力

家出をする女の子も多いですが、当然ですが家出をするとなると、それなりにお金がかかります。
食費と宿泊費だけでも、1日で結構かかってしまいます。

まだアルバイトをしながらでれば、ネットカフェなどの安い宿で泊まることもできるでしょう。
しかし、収入源が全くない状態では、たとえ今はお金があっても、いつかは尽きてしまいます。

しかし、家出サイトがあれば、お金が全くなくても家出をすることができるのです。
家出サイトを利用するための携帯さえあれば、それだけで労せずに家出を続けることができます。

泊まる場所もご飯も、全て男性が提供してくれるのです。
ですから、助けてくれる男性さえ見つけることができれば、極端に言えば所持金ゼロでも家出は続けられるわけです。

家出サイト自体も、簡単に登録ができますし、利用料金も一切かかりません。
携帯でいつでもアクセスすることができるので、常にチェックすることができます。

ただ、必ず男性に助けてもらえるという保証はありませんし、携帯を充電するためにカフェに立ち寄ったりする必要もあるかもしれないので、最低限のお金だけは持っておいた方がいいでしょう。

もっとも、男性によってはお小遣いをくれたりする場合もあるので、もしお金に困っているのであれば、お願いしてみるのもいいかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ